検索
  • さのはりきゅう整骨院

肘の関連痛

更新日:8月12日

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。

肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。

こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。

何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。


気のせいにしては痛いぞ、関連痛

関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くないお尻も痛いと勘違いする現象です。すごく平たく言えばパニックになった脳って感じです。これが時々やっかいなときもあります。


時々厄介な関連痛

とある医学書では膝が痛い痛いという患者さんの膝をいくらレントゲンやMRI検査しても異常ないのでどうしたもんか困惑したようです。やはり徒手検査も矛盾するようですし。

数週間後に膝ではなく股関節を検査してみたらペルテス病だったようです。

つまり実際は股関節を痛めているのに脳が勘違いをして膝が痛いと間違った解釈をその患者さんの無意識化で起こっていたのです。

私も歯医者さんでありました。噛むと上下の歯が確かに響くのに、検査してもまったく異常ないという…。これも一種の関連痛だと自分の中で発見ができました。


大体は大元の痛みが引けば関連痛も引く

ちなみに肘の関連痛の患者さんは施術していくうちに肩の痛みが引いてくれば肘も自動的に痛みが引くだろうとアドバイスしました。

肩だけの施術に集中したところ実際その通りになりました。頑固な痛みじゃなくてよかったです。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg