top of page
  • さのはりきゅう整骨院

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。

肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。

こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。

何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。


気のせいにしては痛いぞ、関連痛

関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くないお尻も痛いと勘違いする現象です。すごく平たく言えばパニックになった脳って感じです。これが時々やっかいなときもあります。


時々厄介な関連痛

とある医学書では膝が痛い痛いという患者さんの膝をいくらレントゲンやMRI検査しても異常ないのでどうしたもんか困惑したようです。やはり徒手検査も矛盾するようですし。

数週間後に膝ではなく股関節を検査してみたらペルテス病だったようです。

つまり実際は股関節を痛めているのに脳が勘違いをして膝が痛いと間違った解釈をその患者さんの無意識化で起こっていたのです。

私も歯医者さんでありました。噛むと上下の歯が確かに響くのに、検査してもまったく異常ないという…。これも一種の関連痛だと自分の中で発見ができました。


大体は大元の痛みが引けば関連痛も引く

ちなみに肘の関連痛の患者さんは施術していくうちに肩の痛みが引いてくれば肘も自動的に痛みが引くだろうとアドバイスしました。

肩だけの施術に集中したところ実際その通りになりました。頑固な痛みじゃなくてよかったです。

閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page