検索
  • さのはりきゅう整骨院

肘の関連痛

最近来た患者さんで肩から肘まで激痛で動かせないといった方が来られました。肩はいろんな徒手検査をするとそれなりの反応があるのですが、肘はえらい矛盾しているのです。こんなに激痛ならなんでここ押しても痛がらないの?というように。何度か検査しているうちにこうも矛盾を感じていると、ああこれはちょくちょくある関連痛だなと直感しました。

関連痛というのは腰のほうが多いのですが、脳が腰が痛いと感じつつ実際は痛くないお尻も痛いと勘違いする現象です。すごく平たく言えばパニックになった脳って感じです。これが時々やっかいなときもあって、とある医学書では膝が痛い痛いという患者さんの膝をいくらレントゲンMRI検査しても異常ないのでどうしたもんか困惑するようです。やはり徒手検査も矛盾するようですし。数週間後に膝ではなく股関節を検査してみたらペルテス病だったようです。つまり実際は股関節を痛めているのに脳が勘違いをして膝が痛いと間違った解釈をその患者さんの無意識化で起こっていたのです。私も歯医者さんでありました。噛むと上下の歯が確かに響くのに、まったく異常ないという…。これも一種の関連痛だと自分の中で発見ができました。

ちなみに肘の関連痛の患者さんは施術していくうちに肩の痛みが引いてくれば肘も自動的に痛みが引くだろうとアドバイスしました。肩だけの施術に集中したところ実際その通りになりました。頑固な痛みじゃなくてよかったです。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

IMG_1746_edited.jpg