検索
  • さのはりきゅう整骨院

健康寿命を延ばすために

更新日:2021年8月12日

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。

なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。


①よくしゃべって、②よく聞く

よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。

というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。


③よく歩く

そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです。1万歩がよくいわれていますが、別に1万歩まで到達しなくてもいいです。

また雨の日だったり体調の悪い日は休んでも構いません。とりあえず歩く頻度を多くすればいいんです。だから毎日歩くというような課題にするんではなくて、「ほぼ」毎日散歩する、好きなとこへ歩いていくという感覚が長続きするによろしいかと思います。

歩けば軸圧が足から適度に伝わり骨粗しょう症も若干、本当に若干予防できますしね。もちろん、転倒が怖い歩き方の人はシルバーカーや杖をどんどん使いましょう。


適度に

毎日歩くのを頑張りすぎちゃうと体力低下⇒免疫低下⇒帯状疱疹が表面化⇒胸の背中のピリピリがずっと残る、といった悪い循環も考えられるので本当に適度でいいです。

よくしゃべる、よく聞く、よく歩くのこのたったこの三つを意識しただけで90を超えて自分で生活できた方もいました。今現在は介護に週に少しだけお世話になっているようですが、健康寿命90越えはすごいです。ほぼ毎日よく頑張ったんだと思います。

ぜひ健康的な寿命を伸ばしたい方はこの三つをちょくちょく思い出してはいかがでしょうか。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg