検索
  • さのはりきゅう整骨院

世にも奇妙なしびれ

最近来られたレアな患者さんで「なんだこれは?」というのがありましたので、できるだけわかりやすく紹介します。

ぎっくり腰+片方の足のしびれなんですが、だいたい腰からくる場合が多いのでその徒手検査したら異常なし(陰性)。腱反射左右差なし。筋力左右差なし。(普通ここですぐわかる)


歩いて2時間半たつと痺れて、座ると30分で楽になる。⇒脊柱管狭窄症にしては少し長すぎ。というか徒手検査異常なし。じゃあ慢性閉そく性動脈硬化症?いや、両足とも暖かいししっかり脈打ってる。じゃあ糖尿病?にしてはふとももからのしびれは辻褄が合わない。

重要⇒頻尿あり、だけど悪い反射なし。(病的反射陰性)。泌尿器系の先生には原因がわからないといわれた。糖尿病ならわかるはず。整形外科には行ってない。本人は頻尿も心配している。


お尻の検査は異常なし。ふとももからのしびれなので、神経の原則的にまあないとは思うけど一応、大腿二頭筋と腓骨頭付近と膝の裏とふとももの内側と内くるぶしと外くるぶしの後ろを調べた結果!!異常なし。

まあなんとも絶妙な症状ですが、片方の足のしびれだし年を考えたら腰の骨がトゲになってそれが神経に当たってるってのが妥当だから、鍼が良いな!ぎっくり腰と同時にしびれにもアプローチできる!

が…しかし…本人は原因不明の頻尿も心配してるんだったな。でも脊髄からの膀胱直腸障害なら悪い反射がすべて異常なしはおかしいな、そもそも片方のしびれだし脊髄はまずないはずなんだけどな。一応レントゲンやMRIで検査してみれば…。いや副的決定要素だったな。(主な決定要素は上記の徒手検査などで、MRIなどはサブ的な決定要素とされています。例えばMRIでヘルニア3つある講師の方が大学時代にいましたが、その先生は症状とくにありませんでした)

さて、どうしたもんかな?と思いましたが、頻尿も心配しているようなので念のためMRIを視野に整形外科をすすめた方がいいかなと感じました。頻尿がなければそうではなかったんですが。


今回のはかなり稀なケースでした。全部異常なし(陰性)って…。でもまあ整形外科に行っても、もしも「坐骨神経痛ですね」って言われたら元も子もないんですね。だって坐骨神経痛って足のしびれのことなんです。つまりこういうことです。例えば、「先生、熱があって…風邪でしょうか?」「ふむ…これは…熱ですね!」といってるようなもんなんですね。

そんな風にならなきゃいいんですが。



17回の閲覧

最新記事

すべて表示

腓腹神経障害!?あ…。

先日、超めずらしい神経障害の患者さんが来たと思ったら違いました(笑) その患者さんは右足の外側がしびれると言ってたので、「おお!ついに!」と思って調べたら筋肉が突っ張っていただけでした。よくつっばり感をしびれと表現する人が多いので、いつもなら即座に確認するのですが、今回ばかりは「腓腹神経障害」という超レアなのが頭の中で連動されてしまって、つい身を乗り出すように検査したんですね。 どのくらい珍しいか

首肩の施術って考えようによってはお得だな(しみじみ)

最近よく思うのが首肩の針を含めた施術ってけっこういろんなものに期待できるな、としみじみ感じます。 肩こりや首肩が辛い方は多いと思いますが、それプラス頭痛のかたも多いと思います。たいていですが、頭痛の原因は首肩からきているかたが多いです。あとめまいとか気持ち悪さとかも首肩の施術してたら楽になることもあります。ほかにも首の上の方にあるツボは目に良いとされるツボもあるので眼精疲労やドライアイとか、たまー

スマホ首ならぬリモワ首?テレワ首?

最近、首肩背中が辛かったり痛かったりする方が多い気がします。多分リモートワークやテレワークがすこーし増えてるのも影響してるんじゃないかなあと思います。それでリモートワーク首をそのままリモワ首、テレワ首と分かりやすく呼んでみました。 頭が傾くと首や背中にすごい負担がかかるんですね、スマホ首なんて最たる例で約60°傾くと27キロの負担がかかると言われています。お米の袋5ふくろ分以上ってかなりのもんです

さのはりきゅう整骨院,富士宮,超音波

© 2016 さのはりきゅう整骨院

  • s-facebook
  • Twitter Metallic