検索
  • さのはりきゅう整骨院

世にも奇妙なしびれ

更新日:2021年8月12日

最近来られたレアな患者さんで「なんだこれは?」というのがありましたので、できるだけわかりやすく紹介します。

ぎっくり腰+片方の足のしびれなんですが、だいたい腰からくる場合が多いのでその徒手検査したら異常なし(陰性)。腱反射左右差なし。筋力左右差なし。(普通ここですぐわかる)


典型例から結構ずれてたりする

歩いて2時間半たつと痺れて、座ると30分で楽になる。⇒脊柱管狭窄症にしては少し長すぎ。というか徒手検査異常なし。じゃあ慢性閉そく性動脈硬化症?いや、両足とも暖かいししっかり脈打ってる。じゃあ糖尿病?にしてはふとももからのしびれは辻褄が合わない。

重要⇒頻尿あり、だけど悪い反射なし。(病的反射陰性)。泌尿器系の先生には原因がわからないといわれた。糖尿病ならわかるはず。整形外科には行ってない。本人は頻尿も心配している。


一応、必要ないだろう的な検査もする

お尻の検査は異常なし。ふとももからのしびれなので、神経の原則的にまあないとは思うけど一応、大腿二頭筋と腓骨頭付近と膝の裏とふとももの内側と内くるぶしと外くるぶしの後ろを調べた結果!!異常なし。やっぱり必要なかった。

まあなんとも絶妙な症状ですが、片方の足のしびれだし年を考えたら腰の骨がトゲになってそれが神経に当たってるってのが妥当だから、鍼が良いな!ぎっくり腰と同時にしびれにもアプローチできる!


他のはうちでできるけど、膀胱直腸障害もどきのは見逃せない

が…しかし…本人は原因不明の頻尿も心配してるんだったな。でも脊髄からの膀胱直腸障害なら悪い反射がすべて異常なしはおかしいな、そもそも片方のしびれだし脊髄はまずないはずなんだけどな。一応レントゲンやMRIで検査してみれば…。

いや副的決定要素だったな。(主な決定要素は上記の徒手検査などで、MRIやレントゲンなどはサブ的な決定要素とされています。例えばMRIでヘルニア3つある講師の方が大学時代にいましたが、その先生は症状は特にありませんでした)

さて、どうしたもんかな?と思いましたが、頻尿をかなり心配しているようなので念のためMRIを視野に整形外科をすすめた方がいいかなと感じました。頻尿がなければそうではなかったんですが。


まとめ

今回のはかなり稀なケースでした。全部異常なし(陰性)って…。でもまあ整形外科に行っても、もしも「坐骨神経痛ですね」って言われたら元も子もないんですね。だって坐骨神経痛って足のしびれのことなんです。つまりこういうことです。例えば、「先生、熱があって…風邪でしょうか?」「ふむ…これは…熱ですね!」といってるようなもんなんですね。そんな風にならなきゃいいんですが。



閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

割と多い肋骨骨折 肋骨とは胸郭を構成する骨の一部であるあばら骨のことです。すべての骨折の約20%と高い頻度で発生します。 発生の仕方は主に直達外力と介達外力の二つがあります。 打撲など強い力が一点に集中した場合が一つと樽のような形状をした胸郭が押しつぶされて外側に肋骨が折れる場合が一つです。 他にも、骨粗鬆症で弱い骨になってしまった状態でくしゃみ等をして胸郭が激しく動いた時に折れてしまう場合やゴル

肩の麻痺の一つ 腋窩神経とは三角筋と小円筋の運度神経であり、肩の外側の知覚もつかさどっています。肩関節の前方脱臼場合ですと腋窩神経が牽引、圧迫され損傷することが多く、かなり高率で発生します。 また、打撲や肩の使いすぎでも発生します。スポーツなどで使いすぎが原因の場合はquadrilateral space syn.と呼ばれています。これはquadrilateral spaceという肩後方のトンネル

IMG_1746_edited.jpg