検索
  • さのはりきゅう整骨院

世にも奇妙なしびれ

更新日:8月12日

最近来られたレアな患者さんで「なんだこれは?」というのがありましたので、できるだけわかりやすく紹介します。

ぎっくり腰+片方の足のしびれなんですが、だいたい腰からくる場合が多いのでその徒手検査したら異常なし(陰性)。腱反射左右差なし。筋力左右差なし。(普通ここですぐわかる)


典型例から結構ずれてたりする

歩いて2時間半たつと痺れて、座ると30分で楽になる。⇒脊柱管狭窄症にしては少し長すぎ。というか徒手検査異常なし。じゃあ慢性閉そく性動脈硬化症?いや、両足とも暖かいししっかり脈打ってる。じゃあ糖尿病?にしてはふとももからのしびれは辻褄が合わない。

重要⇒頻尿あり、だけど悪い反射なし。(病的反射陰性)。泌尿器系の先生には原因がわからないといわれた。糖尿病ならわかるはず。整形外科には行ってない。本人は頻尿も心配している。


一応、必要ないだろう的な検査もする

お尻の検査は異常なし。ふとももからのしびれなので、神経の原則的にまあないとは思うけど一応、大腿二頭筋と腓骨頭付近と膝の裏とふとももの内側と内くるぶしと外くるぶしの後ろを調べた結果!!異常なし。やっぱり必要なかった。

まあなんとも絶妙な症状ですが、片方の足のしびれだし年を考えたら腰の骨がトゲになってそれが神経に当たってるってのが妥当だから、鍼が良いな!ぎっくり腰と同時にしびれにもアプローチできる!


他のはうちでできるけど、膀胱直腸障害もどきのは見逃せない

が…しかし…本人は原因不明の頻尿も心配してるんだったな。でも脊髄からの膀胱直腸障害なら悪い反射がすべて異常なしはおかしいな、そもそも片方のしびれだし脊髄はまずないはずなんだけどな。一応レントゲンやMRIで検査してみれば…。

いや副的決定要素だったな。(主な決定要素は上記の徒手検査などで、MRIやレントゲンなどはサブ的な決定要素とされています。例えばMRIでヘルニア3つある講師の方が大学時代にいましたが、その先生は症状は特にありませんでした)

さて、どうしたもんかな?と思いましたが、頻尿をかなり心配しているようなので念のためMRIを視野に整形外科をすすめた方がいいかなと感じました。頻尿がなければそうではなかったんですが。


まとめ

今回のはかなり稀なケースでした。全部異常なし(陰性)って…。でもまあ整形外科に行っても、もしも「坐骨神経痛ですね」って言われたら元も子もないんですね。だって坐骨神経痛って足のしびれのことなんです。つまりこういうことです。例えば、「先生、熱があって…風邪でしょうか?」「ふむ…これは…熱ですね!」といってるようなもんなんですね。そんな風にならなきゃいいんですが。



26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg