top of page
  • さのはりきゅう整骨院

ガングリオンの紹介


ガングリオンとは

手の関節の周辺に頻繁に起こる疾患で、関節液を含んだ関節包のふくらみが外見上確認できるようになったものです。手の甲側に発生しやすく、手の平側はまれです。外見上しっかりと手の関節にふくらみが確認できるので、ひどい疾患だとビックリするかもしれません。


症状

症状は手首を伸ばすとガングリオンの部分に痛みが出現したり、手首を直角に曲げた状態で指を強く伸ばすと痛みが発生します。また触ってみると、逸脱した関節液が入ってますのでぷよぷよと弾力があります。

 

施術

施術はほとんどが保存療法(非観血療法)です。痛みの緩和を目的として電気などします。施術後、ほとんどの場合放っておいても問題ありません。自然に消失するのです。

もし、見かけ上の問題もあって早期に除去したい場合は、注射のため整形外科を紹介するときもあります。

ですが、この疾患は再発率が高く注射で除去してもまた出現することもあるので、放っておいたほうが後々を考えると良い選択かもしれません。


もし他の疾患にも興味があればこれらのブログも参考にしてください。


また当院の主なメニューはこちらです。

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

腓骨筋腱滑車症候群

腓骨筋腱滑車症候群は珍しい疾患ですが、しっかり施術していけば少しずつよくなります。

前足根管症候群について

足の親指と第二趾のしびれがある場合は、数ある疾患の一つのこれを疑ってもいいかもしれません。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page