検索
  • さのはりきゅう整骨院

お!杖の決心つきましたか!教えますね。

この際だから杖を使おうかなって思った方へ、僭越ではありますが杖の使い方をお教えしますね。

まず杖の高さから。杖の高さは杖先ををつま先から15センチ離した所に置いた状態で杖の持つ部分が大転子のあたりです。とか言われてもよく分かりませんよね。

それでは立った状態で腰骨に手の平を添えてください。その腰骨のこぶし一個分くらい下の高さが、だいたいの丁度いい杖の高さです。その時肘の角度がだいたい20度くらいになっているとおもいます。これ結構重要です。実はこれ、踏ん張りがきく肘の角度なんです。これが90度だと杖が高すぎて踏ん張りがきかなくて腕がプルプルしちゃうのが想像できると思います。

Ⓐ次に歩き方です。みなさん利き手が右手なので、右手で杖を持ったバージョンをお教えしますね。(これは同時に左足が痛い場合にも参考になります。いやちょっと待って!利き手左手なんだけど。というかたはこれから書く左右を逆にすればいいです。⇒右足が痛くて左手で杖を持つ方も)

ではちょうどいい高さの杖を右手でもって歩きましょう。まず右手杖と左足を出してください。(右手の杖なら右足を出すだろ!って思った方へ。基本は違うんですね。これから説明することは松葉杖にも言えることなのでご参考ください。)①右手杖と左足を前に出しましたね。(1歩目)ではそれらはそのままにして②次は右足だけを前に出してください。(2歩目)この時右足が前、右手杖と左足は後ろにあると思います。この①②を繰り返すことによって歩き続けます。要は行進みたいなもんです。1、2、1、2、って歩くとき左足を前に出したと同時右手がでますね。それに杖が加わったと思えば覚えやすいですよ。

Ⓑ今度は階段の下り方です。これはⒶの歩き方と似たようなもんです。まず階段を右手杖と左足を出して下りましょう。この時、杖と左足の着地は同時にした方がいいです。それに右手杖と左足を前に出すとき、右足が片方だけですのでしっかり支えてやってください。つまり左足が痛かった場合は痛くない方の右足でしっかり支えられるからこのやり方なんですね。次に右手杖と左足が階段一段下った状態なので、それらをそのまましっかり支えながら右足を一段だけ下ろします。すると右手杖と左足と右足が階段一段目で並んだ状態になります。これでやっと階段一段下れました。この繰り返しで下りきれることができます。めんどくさいですねー。でもやってるうちに慣れますよ。

Ⓒ次に階段の登り方です。これはⒷの下り方を逆にした順番です。まず階段の前で右手杖と左足をそのまま動かさずにしっかりと体を支えながら、右足を階段一段上ります。次に痛くない方の右足でしっかり支えながら右手杖と左足を階段一段上げます。すると階段一段上った状態で右手杖と左足と右足が並んだ状態になります。これを繰り返すことで一段一段上っていきましょう。

ⒷとⒸはやり方は逆なんですが共通点があります。それは常に右手杖と左足は段差の下にあることです。あと階段に手すりがある場合はどんどん利用してください。右側に手すりがあるから右手杖が邪魔になるって?では右手で手すり、左手に杖をもって両手で体を支えればいいんです。この場合は臨機応変により安全なほうを選んでいいですからねー。

(松葉杖の方もこの要領とだいたい同じですが、普通の杖とは高さが違いますね。とりあえず松葉杖の脇あてに脇を当ててはいけません。脇に当てて歩き続けると手がマヒしてしまいますので、高さはわきの下からコブシ一個分下に松葉杖の脇あてがくる高さがいいですね。そんでもって脇に脇あてを当てずに肘で挟んで固定して歩いてください。詳細はリハビリスタッフの方が教えてくれると思います)




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸式呼吸だと首肩が張りやすくなります。

呼吸の仕方には胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は息を吸ったときに胸郭が拡がりお腹がへこみます、息を吐いた時は胸郭がしぼみお腹が膨らみます。腹式呼吸はその逆で、息を吸ったときはお腹が膨らみ、息を吐いた時はお腹がへこみます。 通常はみなさん両方の呼吸法を無意識に使いますが、だいたい男性が腹式呼吸>胸式呼吸、女性が胸式呼吸>腹式呼吸といった割合です。あくまで傾向です。テレビでマラソンを走った後の女

変形性手関節症(SLAC,SNAC WRIST)

先日、手首が痛いという患者さんが来られ調べてみたら、珍しいSLAC WRISTというものでした。 数年前に転んで手をついたらしいのですが、その時は数日後いったん痛みがなくなり放っておいたのが、それから数年たって痛みがぶり返したというものでした。おそらく転んだその時に舟状月状骨間解離が起こっていたんではないかと思われます。スカフォイドシフトテストは陽性でした。(※手をついたからといって必ずそうなるわ

健康寿命を延ばすために

健康寿命をのばすために何が必要かとちょくちょく聞かれるのですが、よく言うのが、よくしゃべって、よく聞いて、よく歩いてくださいと説明しています。なるべく覚えやすいようにシンプルにまとめています。 よくしゃべることによって脳や舌の運動になりますし、よく聞くことによって理解力が維持できます。というよりよくしゃべるとよく聞くは認知予防のセットのようなものですね。 そしてよく歩くがもちろん体力維持のためです

IMG_1746_edited.jpg