検索
  • さのはりきゅう整骨院

杖の決心つきましたか!教えますね。(前回の続き)

更新日:8月12日

この際だから杖を使おうかなって思った方へ、僭越ではありますが杖の使い方をお教えしますね。

まず杖の高さから。杖の高さは杖先ををつま先から15センチ離した所に置いた状態で杖の持つ部分が大転子のあたりです。とか言われてもよく分かりませんよね。


平たく言えば杖に体重をかけて踏ん張りがきく肘の角度

それでは立った状態で腰骨に手の平を添えてください。その腰骨のこぶし一個分くらい下の高さが、だいたいの丁度いい杖の高さです。

その時肘の角度がだいたい20度くらいになっているとおもいます。これ結構重要です。実はこれ、踏ん張りがきく肘の角度なんです。

イメージしてください。肘の角度が90度だと杖が高すぎて踏ん張りがきかなくて腕がプルプルしちゃいますが、20度くらいならプルプルせずに踏ん張れると思います。


杖での歩き方

Ⓐ次に歩き方です。

みなさん利き手が右手なので、右手で杖を持ったバージョンをお教えしますね。

(これは同時に左足が痛い場合にも参考になります。いやちょっと待って!利き手左手なんだけど。というかたはこれから書く左右を逆にすればいいです。⇒右足が痛くて左手で杖を持つ方も)

ではちょうどいい高さの杖を右手でもって歩きましょう。まず右手杖と左足を出してください。(右手の杖なら右足を出すだろ!って思った方へ。基本は違うんですね。これから説明することは松葉杖にも言えることなのでご参考ください。)

①右手杖と左足を前に出しましたね。(1歩目)ではそれらはそのままにして②次は右足だけを前に出してください。(2歩目)この時右足が前、右手杖と左足は後ろにあると思います。この①②を繰り返すことによって歩き続けます。

要は行進みたいなもんです。1、2、1、2、って歩くとき左足を前に出したと同時右手がでますね。それに杖が加わったと思えば覚えやすいですよ。


杖での階段の降り方

Ⓑ今度は階段の下り方です。

これはⒶの歩き方と似たようなもんです。

まず階段を右手杖と左足を出して下りましょう。この時、杖と左足の着地は同時にした方がいいです。

それに右手杖と左足を前に出すとき、右足が片方だけですのでしっかり支えてやってください。

つまり左足が痛かった場合は痛くない方の右足でしっかり支えられるからこのやり方なんですね。

次に右手杖と左足が階段一段下った状態なので、それらをそのまましっかり支えながら右足を一段だけ下ろします。

すると右手杖と左足と右足が階段一段目で並んだ状態になります。これでやっと階段一段下れました。この繰り返しで下りきれることができます。

めんどくさいですねー。でもやってるうちに慣れますよ。


杖での階段の登り方

Ⓒ次に階段の登り方です。

これはⒷの下り方を逆にした順番です。まず階段の前で右手杖と左足をそのまま動かさずにしっかりと体を支えながら、右足を階段一段上ります。

次に痛くない方の右足でしっかり支えながら右手杖と左足を階段一段上げます。すると階段一段上った状態で右手杖と左足と右足が並んだ状態になります。これを繰り返すことで一段一段上っていきましょう。

ⒷとⒸはやり方は逆なんですが共通点があります。それは常に右手杖と左足は段差の下にあることです。あと階段に手すりがある場合はどんどん利用してください。

右側に手すりがあるから右手杖が邪魔になるって?では右手で手すり、左手に杖をもって両手で体を支えればいいんです。この場合は臨機応変により安全なほうを選んでいいですからねー。


松葉杖の使い方も似ている

松葉杖の方もこの要領とだいたい同じですが、普通の杖とは高さが違いますね。

とりあえず松葉杖の脇あてに脇を当ててはいけません。脇に当てて歩き続けると手がマヒしてしまいますので、高さはわきの下からコブシ一個分下に松葉杖の脇あてがくる高さがいいですね。

そんでもって脇に脇あてを当てずに肘で挟んで固定して歩いてください。

松葉杖が必要な時はそれ相応の疾患の時度と思いますので、詳細はその院のリハビリスタッフの方が教えてくれると思いますで、ぜひ聞いてみてください。

そしたら上記のただの杖のやり方に似ているなと思うと思います。




9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

冷湿布と温湿布、どっちがいいの?

みなさんは冷シップと温シップの二つがあったらどっちをつけますか?私はどっちも付けません。 これは大阪の修行時代に朝の勉強会で時々薬剤師さんも参加していた時にあることを聞いたからです。ちなみに修行先の古東整形外科の向かいの薬局の薬剤師さんでした。 当時の薬剤師さんが言っていたのですが、どちらのシップも変わらないようです。 どういういことかというと。 どちらも冷やしても温めてもいないとのこと 冷シップ

IMG_1746_edited.jpg