top of page
  • さのはりきゅう整骨院

いやでも、杖したほうがいいですよ。

突然ですが、問題です。高齢者の方々で転んで寝たきりになっちゃう方がいますが、それは全体の寝たきり要因の何分の1くらいでしょうか。


こんなはずじゃなかった寝たきりの1/3が転倒から起こる

はい!正解!答えはだいたい3分の1くらいです。結構多いですよね。なんでかっていいますと、そう!その通り!年を取ると骨がもろくなるので骨折しやすいからです。特に手首、腕の付け根、背骨ぺっしゃんこ、股関節あたりが4大骨折ですね。

その中で骨がつながるまで歩けない骨折はというと……。ハイ正解!背骨ぺっしゃんこと股関節あたりの骨折です。これ結構こわいですね。だって1ヵ月から2ヵ月とか寝たきりで骨がよくなった頃には筋肉を動かしてないからやせ細っちゃってすぐには歩けないんですから。

歩くようになるには相当な努力が要ります。歯を食いしばって毎日歩く特訓!ができなくて、そのまま介護施設でお世話になるパターンです。


見かけ重視よりも安全重視

すべての始まりは転んだからなんです。転ばないようにするには杖ですね。シルバーカート(押し車)ならもっと安全でいいのですが、まずは杖です。

時々ふらついて歩く方に杖をオススメするんですが、

「まだそんな年ではない」「みてくれがカッコ悪いからいやだ」って言うんです。

そんな時わたしはこう思っています。

(いやでも、杖したほうがいいんじゃないかなあ)

別にうちで杖買わなくてもいいですので、お試しなら百均で売ってますんで「杖やってみようかな」

と思ったらぜひ試してくださいねー。骨折しないためにも。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

腰ヘルニアによる坐骨神経痛 施術腰椎という積み木のように重なる5つの腰の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。 しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核ともともとあった筋肉の硬結に

頚椎という積み木のように重なる7つの首の骨の間には、椎間板というクッションがあります。このクッションは主に中心にある髄核とその周りを囲む線維輪で構成されています。しかし、この線維輪は年とともに水分が少なくなり変性し破れやすくなり、髄核がその周りを囲む線維輪を突き破り外に出てしまいます。その後ろには脊髄という神経があり、その飛び出した髄核と筋肉の硬結によって板挟みになり圧迫され損傷してしまい、様々な

割と稀なボーリング母指 親指と示指の間(親指の付け根の部分)には指神経が皮膚の浅いところを通過しています。そのため、刺激や圧迫を受けやすいのです。 ボーリングをしていると、この部分はよく圧迫を受けます。すると、その指神経やその周囲の組織の増殖により神経腫となり、痛みやしびれなどの知覚異常が生じます。 これをボーリング母指といいます。この疾患はボーリングをしている方に多いだけで、ボーリングをしていな

bottom of page