検索
  • さのはりきゅう整骨院

いやでも、杖したほうがいいですよ。

更新日:8月12日

突然ですが、問題です。高齢者の方々で転んで寝たきりになっちゃう方がいますが、それは全体の寝たきり要因の何分の1くらいでしょうか。


こんなはずじゃなかった寝たきりの1/3が転倒から起こる

はい!正解!答えはだいたい3分の1くらいです。結構多いですよね。なんでかっていいますと、そう!その通り!年を取ると骨がもろくなるので骨折しやすいからです。特に手首、腕の付け根、背骨ぺっしゃんこ、股関節あたりが4大骨折ですね。

その中で骨がつながるまで歩けない骨折はというと……。ハイ正解!背骨ぺっしゃんこと股関節あたりの骨折です。これ結構こわいですね。だって1ヵ月から2ヵ月とか寝たきりで骨がよくなった頃には筋肉を動かしてないからやせ細っちゃってすぐには歩けないんですから。

歩くようになるには相当な努力が要ります。歯を食いしばって毎日歩く特訓!ができなくて、そのまま介護施設でお世話になるパターンです。


見かけ重視よりも安全重視

すべての始まりは転んだからなんです。転ばないようにするには杖ですね。シルバーカート(押し車)ならもっと安全でいいのですが、まずは杖です。

時々ふらついて歩く方に杖をオススメするんですが、

「まだそんな年ではない」「みてくれがカッコ悪いからいやだ」って言うんです。

そんな時わたしはこう思っています。

(いやでも、杖したほうがいいんじゃないかなあ)

別にうちで杖買わなくてもいいですので、お試しなら百均で売ってますんで「杖やってみようかな」

と思ったらぜひ試してくださいねー。骨折しないためにも。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

デュケルバン病(手首の痛み)

これぞ、ザ腱鞘炎。 知らない先生がいないくらい有名な腱鞘炎。 親指の付け根には多くの筋や腱が付いています。その中の短母指伸筋腱(親指を伸ばす腱)と長母指外転筋腱(親指を外へ広げる腱)腱鞘炎をデュケルバン病と呼びます。(デカルバン病ともいう) 多くが中年以降の女性や妊娠後の女性に発症します。 原因として家事や仕事などによる手の使い過ぎや妊娠時でのホルモンのアンバランスが挙げられます。腱にはその周りを

ギックリ腰(腰痛)やギックリ首背中や首こり肩こりの主な筋肉

ギックリ腰(腰痛)、ギックリ首背中、首こり肩こりのになる筋肉は大まかにいえば、三つの大きな筋肉が原因になることが多いです。 それは僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋です。この三つは全部背中側の筋肉です。 (細かく言えば大菱形筋だとか前鋸筋だとか棘下筋だとか腰方形筋とかいろいろありますが、本当に大まかに分かりやすくいえばこの三つが大きい筋肉なので割と多いです) 僧帽筋 僧帽筋は頭から首、背骨、肩峰という上肢

首からの長期間のしつこい手のシビレ

首からの手のシビレが長く続くと次第に取れにくくなってしまい、長期的にしつこくシビレ(痛みやビリビリなど)が残り続けることになります。 この場合、シビレを取り除くことがなかなか難儀します。シビレ出してすぐだったり1か月や2ヵ月くらいなら難儀することが少ないのですが、半年以上経つとかなり難儀します。 (あくまで首からのシビレに特定した話です。どの話もそうですが、かなり限定的な話です。全てのシビレに当て

IMG_1746_edited.jpg